陽月  ようげつ



太陽のように


天高く馬肥ゆる秋・・・・・。特に台風一過の青空は格別です。太陽の光も明るく輝いて、まさに陽月という言葉にふさわしい月になりました。

ただ、陽月の「陽」は、太陽ではなく、陰陽道の陽のことだそうです。

十月といえば神無月。全国の神様たちが出雲大社に集って、縁結びの相談をするため、各地では神様がいなくなる・・・・ということから、このように呼ばれるようです。

他にも雷無月説や神祭月説、神の月説など、多くの説があるのですが、神無月説を裏付けるように出雲地方では神在月と呼ばれているそうです。

今月、運命の人が決められているのかと思うと、気が気じゃないですね。

出雲の方以外は神様が傍にいないのですから、自力でがんばりましょう!

            『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋





   
         ワイン・カフェは、10月10日から  
       
               Fridays &Saturdays  12:00~22:00
              Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
              アトリエ デュ ヴァン
                phone 07066827430
                    
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月30日23:00

無農薬有機野菜

           

          


長野の『あさひや農場』さんから、クール便にて、本日到着!



自宅の玄米は、今まで岩手の方の減農薬無化学肥料の物を頂いていましたが、こちらは出荷の時に籾殻を取って、玄米にして送ってくださるということなので、今年の新米からお願いすることに。


今日の野菜は、ニンジン、タマネギ、熟した枝豆、下仁田ネギ、ピーマン、スピノーザ(生食用唐辛子)、かぼちゃ、ほうれん草。

今夜は、枝豆をゆでて、ピーマン、ニンジン、玉ねぎは塩とオリーブオイルだけのサラダで。ちょっとリンゴ酢をいれようかな?

ピーマンは着くとすぐに洗ってかじってみました。皮は少し固かったですが、何もつけずとも強い香りとともに、しっかりした味わい。 







                    ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                      

                       
                                 クローネ郡山2階
                  phone 024-954-7666


  


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月30日21:00

割れたシャンパーニュ.グラス



昨夜、飲み残しのゼクトを飲んで、グラスを洗っていて、手が滑りチィップ(T-T)

どなたの言葉か失念してしまったが、家を建てて傷をつけたり、汚したり、そんな事を気にならなくなってからが、本当に自分の持ち物になる………

グラスは違うけど、そんな事を思い出しました。
  


恋教え鳥



神様に教えたことは・・・・


まずは日本書紀より、日本の国を創った神様のほほえましい(?)お話から。

伊邪那岐と伊邪那美の二人の神様は、結婚したものの、どうしたら子供ができるかわからなかったそうです。その時、鶺鴒が飛んできて、交尾を始めたそうな・・・。それを見て、二人も無事結ばれました。めでたし、めでたし・・・。

このことから、鶺鴒は、恋教え鳥とか恋知り鳥と呼ばれるようになりました。

教えたのは、恋じゃないような気もしますが、当の鶺鴒、つがいになれば相手を変えず、大変仲がいいそうです。もしかしたら、本当の恋の秘訣も知っているのかもしれません。

長い尾を持っていて、この尾をよく振るしぐさが石や庭をたたいているように見えるところから、石たたき、庭たたきとも呼ばれます。

それにしても、この鳥がいなかったら、私たちも存在しなかったかも?

            『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋




         ワイン・カフェは、10月10日から  
       
               Fridays &Saturdays  12:00~22:00
              Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
                phone 07066827430
                   


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月29日23:00

大塚 高勢寿し 創作すし回顧録

         
          

     2007年春、テーマ 『緑のシャリ』の時の一品です。






                    ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                       

                       
                                 クローネ郡山2階
                  phone 07066827430

  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月29日21:00お外でお食事

福島現代美術ビエンナーレ 2008

           

           
            photo by Hibiki TOKIWA



福島現代美術ビエンナーレ2008

会期  2008/10/6~26

場所  BamS+   福島市宮下町18-30

詳しくは → こちらから


帽子デコレーター 佐藤なこさんも、出展するということで、御案内です。

なこちゃんの編んだ帽子、セレクトの帽子が、10月10日からのアトリエ デュ ヴァンのワインカフェにても、ごらん頂けます。

普段は、富田町の「SUPREMO」さんにいます。


帽子デコレーター
佐藤なこさん  →  こちら









                    ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                       

                       
                                 クローネ郡山2階
                  phone 07066827430


  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月29日19:01

竜胆  りんどう

 

                                





苦い思い出も


青紫の美しい花なのに、ものものしい漢字を書くものです。

実は、根が漢方薬として利用されるのですが、とっても苦いのだそうです。竜の胆のような味だというので、この名がつきました。と言っても、竜の胆の味を味わったことの有る人など誰もいませんね。きっと、最上級の苦さを竜の胆の名を借りて表現したのでしょう。そのまま音読みした「りゅうたん」が変化して、「りんどう」になりました。

葉が、竜葵(犬酸漿)に似ているからとか、同じく苦い生薬、熊胆からきているという説もあります。

良薬口に苦しといいますが、苦い思いも、心には良い薬になるかもしれません。苦い思いの後にはきっと、竜胆のような、美しい花が咲くことでしょう。

           『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋






                     ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                 Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




     10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                         
                               クローネ郡山2階
               phone 07066827430
                   
  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月28日23:00

大塚 高勢寿し 創作すし

            

           


大塚・高勢寿しさんの、テーマ 『2006年春野菜の創作寿し』の時の1品です。

画像は、カメラマンの方にお願いして摂って頂いたものです。







                    ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                       

                       
                                 クローネ郡山2階
                  phone 07066827430

  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月28日21:00お外でお食事

夜の帳  よるのとばり


                



やさしい夜の闇


帳は、部屋や寝所などを仕切るために垂れ下げる布のこと。いわば、カーテンです。

語源は「戸張り」で、戸の代わりに張るものという意味です。

静かにおりてくる夜の闇は、自分たちの周りと他とを仕切ってくれる、気の利いた帳といえるでしょう。

明かりが照らし出すささやかな空間も、夜の帳があってこそです。

夜の闇と言えば暗く途方に暮れる一面を、夜の帳といえば静かに包み込んでくれる一面を、ひきたたせているようです。 夜の帳の中で、人々は、憩いの時や団欒の場を持つのですね。

脳は、朝、活動したがっているといわれ、夜は安らぎを求めるそうです。 そんな脳で過ごす夜のひと時を、大切にしたいですね。


            『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋




 





                     ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                 Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




     10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                         
                               クローネ郡山2階
               phone 07066827430
                  




  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月27日23:00

ワイン・カフェの椅子たち-7

           


          ドイツは、Vitra社のクロスタイプ。

お気に入りの文庫本など読みつつ、男性にゆったりお座り頂きたい椅子です。









                    ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                       

                       
                                 クローネ郡山2階
                  phone 07066827430

                 





  
タグ :カフェ


女郎花 おみなえし

           

大人の女性

秋の七草の一つです。

女郎は女性という意味なのですが、「えし」の解釈はいろいろです。

そばにいる女性を圧倒するほど美しいから女郎圧し、そばにいる女性の美しさを減らしてしまうから女郎減し、女性だと思われる花なので女郎べし(「べし」は推量の助動詞)、花が栗飯に似ていることから女郎飯(栗飯は女性の主食なので女飯と呼ばれ、白米は男飯と呼ばれていた?)といった説があります。

男郎花という花もあります。女郎花の花は黄色ですが、男郎花は白。この男郎花を意識して、女郎飯説のような俗説があるのかもしれません。

謡曲「女郎花」によると、小野頼風の心変わりを嘆いて身投げをした女性の衣が朽ちて、そこに女郎花が咲いたとか。成熟した大人の女性を思わせる女郎花ですが、辛い思い出を心に秘めて美しく咲いているのですね。

            『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋









                    ワイン・カフェは、10月10日から  
         
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
               Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                               クローネ郡山2階
               phone 07066827430

                 








  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月26日23:00

ピクルス

         
            


ワインを飲んでいる時、口の中をさっぱりさせたいとき、ありますね。

そんな時の、ピクルスです。 バジルの刻んだものと、ヴァージンオイルをかけます。

ヴァージンオイルをかけると、こくがでて酸味を和らげてくれます。






 


         ワイン・カフェは、10月10日から  
       
               Fridays &Saturdays  12:00~22:00
              Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
                phone 07066827430
  


秋の一葉

今朝の散歩時の、ひとこまです。
  


今日は、カサブランカで・・・・・

           

大きな葉物と、カサブランカ、シダでsimple。 店内に微かに香ると、いい感じでしょう。 カサブランカ、山百合の品種改良だそうです・・・・・

育江さ~~ん、今日も有難うございました星



     愛が伝わるお花のことなら・・・・・ Dufy
     桑野2丁目34-13
     024-935-8783




         ワイン・カフェは、10月10日から  
       
               Fridays &Saturdays  12:00~22:00
              Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
                phone 07066827430
                   


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月26日16:47

ワイン・カフェの椅子たち-6

           


        Arflexのスタイリッシュなステンスフレーム。

       お気に入りの本と共に、エスプレッソなど如何でしょう・・・・






                   ワイン・カフェは、10月10日から  
       
               Fridays &Saturdays  12:00~22:00
              Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
                phone 07066827430

                 




  
タグ :カフェ


秋の朝顔



小雨降る秋の朝の散歩中に遭遇です。
  


丹誠  たんせい

           



赤い心?


丹誠の「丹」は赤い色のことです。

「赤」は「明るい」に通じ、「明らかな」とか「正真正銘」のという意味があります。赤の他人、真っ赤な嘘、赤裸々などの「赤」が層です。ですから、赤心と丹心は、どちらも嘘偽りのない誠実な心のことで、同様に、赤誠、丹誠、丹念という言葉も生まれました。

「赤い心」とか「赤い誠」と言われても、真心というイメージがあまり湧かないかもしれませんが、「赤」の語源は「夜が明ける」意味の「あく」から来ているそうです。夜が明けたばかりのような、まっさらな心という感じでしょうか。

心に夜明けの心を持って何かをする。それが丹誠をこめるということなのでしょうね。

              『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋












                    ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
               Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
              アトリエ デュ ヴァン
               phone 07066827430

                 




  
タグ :カフェ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月25日23:00

並木 ビストロ 『ボンシェール』

          

           
          
        前菜 ホタテのグリル アボガドとかにと共に  



           

メイン ベーコンを巻いた鮟鱇のソティ シェリービネガーとケイパーのソース      
(シェリービネガー、ケイパーは潰しながら、フォンドヴォー、仕上げにクリーム、エシャレットの晒したもの) 

北海道は、初雪とのこと。郡山も、雲の低い空は、今にも雪が舞い降りてきそうなお天気でした。
K子さんと、ランチで。


メインは二人とも鮟鱇で。
ソースの品の良い酸味が、シャンパーニュを誘います。



ローヌのヴィオニエをメインのワイン会の、打ち合わせ。
メニューもほぼ、纏まりました。
日程が決まりましたら、改めて、御連絡致します。


   ビストロ ボン・シェール
    並木2-17-17
    024-925-5573
    定休日 月曜日
    御予約をなさってどうぞ。






                     ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                 Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
               phone 07066827430
                 




  
タグ :グルメ


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月25日21:00お外でお食事

ワイン・カフェの椅子たち-5

       
           


        Arflexのオレンジ色のヌバックのラヴ・チェアです。
             個人的にお気に入りの椅子ですface05





                     ワイン・カフェは、10月10日から  
       
                 Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                          
                       
                                クローネ郡山2階
               phone 07066827430

                 





  
タグ :カフェ


有明の月

                             
                              友人の今は亡きピーちゃん




振り向けばそこに


有明とは月が未だ残っているのに開けていく空のことです。

そして有明の空に残っている月が有明の月。十六夜以降の月のことをさすそうです。

すっかり影が薄くなって、透けて見えそうなほど儚い有明の月は、切ない恋の思いをいっそうかきたてるものとして、よく和歌に詠まれています。

明け方の空は、ダイナミックなドラマが繰り広げられる時間です。
どうしても明るく染まり行く空や昇る太陽のほうに目がいきますが、そんな中で西の空を振り返り、消え行く月を見つめる瞳・・・・・・なんて優しい瞳でしょうか。

いつも前ばかりみていないで、たまには後ろを振り返ってあげてください。

ずっとあなたを見守っている眼差しに気づくはずです。

               『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋








                   ワイン・カフェは、10月10日から  
       
               Fridays &Saturdays  12:00~22:00
              Sundays                     12:00~20:00




    10月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク




             
                        
                       
                              クローネ郡山2階
              phone 07066827430

                 




  


Posted by 加藤洋子 at 2008年09月24日23:00
QRコード
QRCODE
トップ画面
御訪問ありがとうございます
ワイン会等の情報のために登録なさいませんか?
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 36人
プロフィール
加藤洋子
加藤洋子
贈り物のワインは、選ぶ側も贈られる側も嬉しい。
ワイン好きにとっては。
同じ時間なら、テンションが上がる時間を過ごせるような、ワインが好きです。

ワインだけで完結するものもあれば、食事があって引き立つワインもあります。

有名銘柄にとらわれることなく、知名度が低くてもコンディションの良いワインをご提案するワインショップです。

ラフィットに出会い、ワインスクールへ。                
1989 C&Wアカデミー チーズアドヴァイザー認定 1991 C&Wアカデミー ワインアドヴァイザー認定 1994 C&Wアカデミー ワインマスター認定 お宿でワイン・コンサルタント業 NHK カルチャースクール・ワイン講座講師(2008年秋~)NHKチーズ講座講師(2009年10月~2010年9月) 東部ガスワイン講座講師(2010年6月~)


                        
オーナーへメッセージ