愛おしい

           
      ボナイユート社(イタリア) シナモン・チョコレート



交錯する感情


いたはし → いとほし → いとし・・・・・。まるで、伝言ゲームのようですが、「労しい」が愛おしいに変わっていったのだそうです。

「労しい」とは、不憫に思ったり、気の毒に思ったりすること。同情と愛とは違うといいますが、言葉の上では、同情が愛に変化していったようです。

もう一つ、「いとはし」つまり、「厭わしい」が語源だとする説もあります。

「厭う」は、いたわるという意味もあるのですが、一般には嫌うとか、嫌がるという意味です。まさに、嫌よ嫌よも好きのうちなのですね。

愛おしい、労しい、厭わしい。言葉も大変似ていますから、いつの間にか混同されたとしてもおかしくありません。その上、感情的にも行ったり来たりするものです。

労しい、厭わしいと思った時も、愛おしいことにしておきましょうか。

            『美人の日本語』 山下景子著 幻冬舎より抜粋








あの方に贈りたいワインがきっとある、そんなワインショップを目指して・・・・・は10月24日(Fri)  オープンです。

        ボナイユート社のチョコレートが買えるワインショップ


                                         イタリア
                                      
                         ワイン・カフェ 
       
                Fridays &Saturdays  12:00~22:00
                Sundays                     12:00~20:00





    12月からのワイン&チーズレッスンの詳細はこちらから
 → リンク



             
                    

                       
                              クローネ郡山2階
              phone 024-954-7666



Posted by 加藤洋子 at 2008年10月22日08:00


QRコード
QRCODE
トップ画面
御訪問ありがとうございます
ワイン会等の情報のために登録なさいませんか?
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人
プロフィール
加藤洋子
加藤洋子
贈り物のワインは、選ぶ側も贈られる側も嬉しい。
ワイン好きにとっては。
同じ時間なら、テンションが上がる時間を過ごせるような、ワインが好きです。

ワインだけで完結するものもあれば、食事があって引き立つワインもあります。

有名銘柄にとらわれることなく、知名度が低くてもコンディションの良いワインをご提案するワインショップです。

ラフィットに出会い、ワインスクールへ。                
1989 C&Wアカデミー チーズアドヴァイザー認定 1991 C&Wアカデミー ワインアドヴァイザー認定 1994 C&Wアカデミー ワインマスター認定 お宿でワイン・コンサルタント業 NHK カルチャースクール・ワイン講座講師(2008年秋~)NHKチーズ講座講師(2009年10月~2010年9月) 東部ガスワイン講座講師(2010年6月~)


                        
オーナーへメッセージ