イタリアワイン3月の月






夜の柳津駅のSL






バルベラ・ダスティ 3月の月


月の綺麗な
夜が続いていますね。

もう三月も終わりですが・・・・・・・

上弦の月、下弦の月。半月を弓と弦に見立ててのこと。

弦の向きが月没の時の向きの呼び名だそうです。









4月12日(日) 12:00~  喜多方 ビストロ35 での御食事会のお知らせ


『喜多方 ビストロ35』の野菜は地元の佐藤農園さんの

朝収穫した滋味溢れる有機野菜が使われています。

ヨーコママの拘りは、『有機野菜の本当の美味しさが伝わるように』

その野菜の味わいに、ヨーコママの感性という

調味料がプラスされます。

御一緒にいかがですか?

お問い合わせは、024-954-7666(アトリエ デュ ヴァン )まで、どうぞお気軽に。




antipasto

 ●自家製セミドライトマトとフロマッジョのセルクル

 ●フェンネルの幸せの小船

 ●ラデッキオのグリル、アンチョビオイル 等


purimo piatto

 ●サトイモのニョッキ、アボガドと蟹のソース


secondo piatto

 ●牛肉のフィリング巻き赤ワイン煮込みバルサミコソース








vino



Recioto Spumante 2007(Veneto)  Davide Spillare





2007年が実質的ファースト
ヴィンテージ。畑、ワイナリーのどちらにおいても、全ての作業は自然に最大限の敬意を払って行なわれている。畑ではボルドー液以外の薬剤を一切使
用せず、ワイナリーでもボトリング直前に若干量の2酸化硫黄を使うのみ。

若干20歳にして、ここまでの完成度のワインを造れるのかと驚いて頂け
ると思います!



ラ・ビアンカーラ、アンジョリーノ・マウレ氏の第二の弟子、
『ダヴィデ・スピラッレ』が遂に日本に入荷してまいりました!!

(インポーター資料より)





SLLEA Biaco 2003  ROAGNA




Barbaresco 2004(Piemonte)  Aldo Bianco
 




バルバレスコの現役生産者としては最長老であるアルド・ビアンコによって営まれるワイナリー。約2ヘクタールの畑から、約10000本、3種類のワインを生産する。大樽での熟成、ノンフィルターでのボトリングなど、頑なに伝統的な手法にこだわり続ける。



アルド・ビアンコ氏が営む、畑も
2ヘクタールのみという非常に小さな
ワイナリーで造られるこのバルバレスコ。


そんな、アルド・ビアンコ氏が作るワインは非常に伝統的な手法で
造られる本当に素晴らしいもの!

昔ながらの、大事に手入れされた大樽での長期間にわたる熟成を行い
ノンフィルターで瓶詰めを行います






Barolo 2003  (Piemonte) Giovanni Canonica



素晴らしい出来の2003年。とことん納得のいく年にしかボト
リングしないことで有名なカノニカが、最高の年といわれる2001年さえ見送ったと聞いたときにはおののいたものだが、一般には猛暑のためバローロの繊細
な特性が失われがちといわれる2003年に5000本(も?)リリースしてきたと聞きさらに驚いた。そして実際に暑さを全く感じさせない、キリリと引き締
まった高貴なバローロに仕上がっている。

ジャンニ(ジョヴァンニは彼の父の名)の1.7ヘクタールしかない小さな畑は、平均樹齢12年。とりたてて古い畑というのではない。

しかしその畑、パイヤガッロから生み出されるバローロをはじめて飲んだときには“モンフォルティーノ”くらいしか比較にあたいするワインが思いつかなかっ
た。ボトルの底に大量の澱とともに残された、グラス4分の1杯にも満たない雫を飲ませてもらったときの話だ。一緒にいたインポーターと舐めるようにして飲
み干した。

手描きの文字をコピーしただけの簡素なラベルにあったCANONICAという名前を頭に刻みこんだ、衝撃の出会いだった。



「見た目にも完璧な画一化された商品を求める今日の消費者に、不透明で沈殿物たっぷりのワインをわかってもらうなんて無理な話だ。」と話すジャンニ。(インポーター資料より)



Digestovo

Liquore di Aruquebuse(よもぎ菊のリキュール) Giorgio Leone

リキュール造りの全ての工程は、手作業によって行われています。材料は全て無農薬有機栽培で、低温による浸漬作業。




等を、予定しています。 













四月、新しい季節。

ワインのレッスンを始めてみませんか?



5月から、JSAソムリエ・ワインアドヴァイザー・ワインエキスパート受験対策コース始まります。







                  

ハンガリーでワインを造っていらっしゃる、片木 雄詞(かたぎ ゆうじ)さんのブログです。

http://ameblo.jp/hungarywine/






 あの方に贈りたくなるワインがある


そんなワインショップを目指しています。


       『VIETRI』のパスタ、厳選オリーヴオイルが買えるワインショップ







                              
          
                                     

                                 
 


  2009年・4月からのワイン&チーズレッスンの詳細は
こちらから
 → リンク











   
クローネ郡山2階
  phone 024-954-7666
E-mail atelier.du.vin@gmail.com








タグ :ワイン会

同じカテゴリー(アトリエ デュ ヴァンの風景)の記事画像
今年もよろしくおねがいいたします。 
かわいいホットプレート 入荷しました。 BRUNO
2015年 ヌーヴォー ございます。
フルートとカホンのライヴを聴きながら、自然派ワインのテイスティング
津軽ビードロ 名は、女体。
お煎茶の先生と 朝フォンデュ
同じカテゴリー(アトリエ デュ ヴァンの風景)の記事
 今年もよろしくおねがいいたします。  (2016-01-03 13:20)
 かわいいホットプレート 入荷しました。 BRUNO (2015-12-10 16:05)
 2015年 ヌーヴォー ございます。 (2015-11-19 12:34)
 フルートとカホンのライヴを聴きながら、自然派ワインのテイスティング (2015-10-16 13:00)
 津軽ビードロ 名は、女体。 (2015-10-05 10:15)
 お煎茶の先生と 朝フォンデュ (2015-10-04 17:38)

Posted by 加藤洋子 at 2009年03月30日16:20 │アトリエ デュ ヴァンの風景


QRコード
QRCODE
トップ画面
御訪問ありがとうございます
ワイン会等の情報のために登録なさいませんか?
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人
プロフィール
加藤洋子
加藤洋子
贈り物のワインは、選ぶ側も贈られる側も嬉しい。
ワイン好きにとっては。
同じ時間なら、テンションが上がる時間を過ごせるような、ワインが好きです。

ワインだけで完結するものもあれば、食事があって引き立つワインもあります。

有名銘柄にとらわれることなく、知名度が低くてもコンディションの良いワインをご提案するワインショップです。

ラフィットに出会い、ワインスクールへ。                
1989 C&Wアカデミー チーズアドヴァイザー認定 1991 C&Wアカデミー ワインアドヴァイザー認定 1994 C&Wアカデミー ワインマスター認定 お宿でワイン・コンサルタント業 NHK カルチャースクール・ワイン講座講師(2008年秋~)NHKチーズ講座講師(2009年10月~2010年9月) 東部ガスワイン講座講師(2010年6月~)


                        
オーナーへメッセージ